project"sen"について

日本前衛書道団体・奎星会に所属する書家とドイツ・ベルリン市で活動するドローイング作家による展覧会、並びに、前衛書道家によるワークショップをドイツ、ベルリン市で開催する。 本展覧会およびワークショップは、「線」をテーマとしており、日本の「書」とドイツの「ドローイング」の線に対する意識を直接比較検討し、相互の芸術の可能性を発展させることを目的としている。 今回の“sen 2008”は、「線」を扱うアーティストによる展覧会やワークショップを次年度以降もベルリンもしくは東京にて開催する初会と位置づける。当プログラムは、「線」を通じて互いの芸術を高めていく、日独の文化・芸術交流を通した交換プログラムである。